So-net無料ブログ作成
検索選択
モデル ブログトップ

山口小夜子 [モデル]


山口小夜子

今の若い人達の何割が、この人の名前を知っているだろう?

今から四半世紀も前だが、「ジャパネスクブーム」ともいうような時期があった。
いろいろな意味で、西洋に対してコンプレックスを抱いていた日本人が
「日本って実は素晴らしい国だったんじゃない!」
「私達って実はこんなにきれいだったんじゃない!」と、自分達の国や外見に
急に、改めて目を向け始めた時期だ。

その頃、パリのファッションストリートのウィンドーに
この人そっくりのマネキン人形が並んだ― と、話題になった。

市松人形のように切り揃えられた漆黒の髪。
デフォルメされた、切れ長の瞳。
朱色の口紅

山口小夜子は、日本の女の人の美しさを体現していた。

80年代初頭。
彼女はファッションショーだけではなく、西武劇場(昔「PARCO劇場」はこの名称だった)でほとんど一人芝居のような劇を上演したり、映画に出たりもしていた。

当時NHKの朝の番組でインタヴューをしていた。

「やめようと思ったことはありますか?」と、聞かれ

「ああ、もうそれはいつも思ってます」
彼女は間髪いれずに答えた。
「今度こそ辞めよう。次こそ辞めよう、その繰り返しです」

なんだかインタヴュー中、ここが一番元気に答えていたように思う。

「なので、明日やめるかもしれません」
そう真顔で言って、彼女は締めくくった。


ブレイクする前。
彼女はことごとく、オーディションで落とされたのだそうだ。

当時はどこのオーディションに行っても、
「髪を染めなさい」「パーマをかけなさい」といわれ続けたそうだ。

彼女は「もうモデルを辞めよう。普通の女の子に戻ろう」と思い、
「お母さんに、おかっぱに髪を切ってもらい」
「最後のオーディションに出かけたの」

そうしたら、今まで否定され続けていた彼女を
「そのままでいい! そのまんまでいいから!!」と、言ってくれた人がいた。

それが、デザイナーの山本寛斎氏だった。

「だから私は寛斎さんに拾われたの。
もしもあのとき、寛斎さんのオーディションに行っていなかったら、私はモデルを辞めていた」

以上は、私がかつて読んだ彼女のインタヴューの記憶である。

そして数年後、彼女は仕事上だけでなく、私生活でも寛斎氏のパートナーであると聞いた。
これはあくまで、巷の噂レベルの話だ。
なのでここから先は、私がその噂話を噂話として聞いて、そして自分でつらつら考えたこと、とお含みおきいただきたい。



話が前後して恐縮なのだが、昨年だったか「ようこそ先輩、課外授業」にこの人が出ていた。
著名人が自分の卒業した小学校を訪ね授業を行う、という番組だ。
彼女は横浜の小学校で授業をした。

一クラスで何チームかに分かれ、それぞれモデル役、デザイナー役、と担当を決めてファッションショーをするという趣向だった。

この番組を見て、私は非常に驚いた。

まず、山口小夜子の話し方が、私の記憶の中のものと全く違っていたのだ。

雰囲気もそうだ。

山口小夜子― という名前からかつて連想していた、
「儚げ」だとか「たおやか」だとか「柔らかく透明な」とか、そういう形容詞と正反対の印象になっていた。

非常にさばさばして、あまり「女」を感じさせない。
ちょうど、キャリアをつんだ女社長のようだった。

活舌も良く、お腹から出る声はよく通り、とても聞き取りやすかった。
何でも数年前に「ボイストレーニング」を受けたそうだ。

「わああ・・  さすがに何年もパリコレ出たり、世界のトップで競ってきただけのことはあるよなあ・・
 鍛えられたんだろうな、強くもなるよなあ・・すごい貫禄でたなあ」と思いつつ見ていた。


で、話は戻る。

山本寛斎氏とのことだ。

彼女が仕事の上で、寛斎氏の重要なパートナーであることは、これはもう衆人が認めるところだろう。

私は彼女を見ながらふと思う。

「この人は、愛した男の人の子どもを生みたくなったことは無かったのだろうか・・」

「この人は、愛した男の人の家族も知っている。子供達との面識もあるだろう。
成長するその子供達を見ながら、自分も子どもを生みたいと思ったりはしなかっただろうか・・」

「ファッションショーにはたくさんのモデルが出演する。
当然、自分以外のモデルたちとも寛斎氏は接するだろうし、叱りも励ましもするだろう。
プロとはいえ、本番に至るまでには泣き出すものも、デザイナーに時に甘えるものも、こびるものもいるだろう。
仕事がら、女の肌に直接触れることは日常茶飯だろう。
この人は、嫉妬に狂いそうになったりはしなかったのかしら?」

あくまで、私が一人で頭のなかでグルグル考えていることである。


四半世紀前にインタヴューに答えていた彼女は、まだ腹が据わっていなかった。
自分に逃げ道を用意していた。
いつかひょいっといなくなっても、不思議ではないとも思えた。

今の彼女は、もう完全に腹をくくって見える。
どっぷりと、「着る」ということにつかり、生涯そのこととつきあっていくと決めたように見える。

それはおそらく「覚悟」と呼ばれるものだろう。

仕事のパートナーは仕事のパートナーである。
妻の立場にはなれない。(すでに男性が結婚している場合、ほとんどは)

彼女のようなプロでも、悪あがきをしたことがあるのだろうか?

私生活のパートナーは確かに人生のパートナーだが、
では仕事のパートナーは人生でのパートナーとはなりえないのか?
そんなことはないだろう。と、せめて私は思いたい。
たとえ人生の「ある部分」であったとしても。

自分は仕事のパートナーとして、生涯この人と歩む―

それはそれで、やはり一つの「覚悟」に違いない。


>不思議なことに,問題は,逃げているといつまでも追いかけてくる.逆に,どんな無残な結果に終わろうとも,腹をくくって全身で受け止めると,もう追ってはこない

これは先日midori さんが書いてくださったコメントである。

「苦しみがやってきたら、そこから逃げようとするとよけいに辛くなります。いっそ苦しみの中に居座って、苦しみをまるごと受け止めておしまいなさい。そのほうが“楽に”なるんですよ」

これは、作家の佐藤愛子さんが、夫の会社が倒産し40年近く前に数億の借金が生じたとき、かかりつけの整体師の先生から
言われたことばだそうである。

「あるがまま」
「覚悟」

私がずーっと追い求めているものだ。

私はまだそれがよくわからないでいる。

でも、少しずつ少しずつ近づけているように思う。

山口小夜子は今年幾つになったのだろう?

私は今、四半世紀前の彼女が口にしていた言葉を、しょっちゅう言っている。

「もう、毎回毎回、もう辞めよう、もう次こそ辞めようとその繰り返しです」
「明日辞めちゃうかもしれません」

かつて一人芝居のような舞台で、彼女に向けられたセリフがあった。

「君はいつもそうやって逃げてきたんだ。
 そのおかっぱの頭なかに、逃げていたんだ!」

彼女は、今何からも逃げていない。
そして、何からも自由に見える。

私もそうなりたい。



nice!(3)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
モデル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。