So-net無料ブログ作成
検索選択
カメといつまでも ブログトップ

タロくんお風呂に入る [カメといつまでも]

「夏になるとお風呂でよく泳ぐよ」
と、弟に言われており、その時期を待っていた。


亀太郎を、いつもの水槽から湯船に入れてみる。
実は昨日で三回目。

初回は私が水深を完全に間違えて、亀太郎がパニックになる。
次はちゃんと足が届くようにして、静かに入れた。
亀は状況の変化に気づき、少しずつ少しずつ安全を確かめているようだった。


で、昨日。


P1000190.JPG


まずは、じっとして様子をみている。(亀がね。私もですが)



P1000191.JPG


少し移動して、また様子をみている。



P1000192.JPG


同じく。


P1000193.JPG


こうして四隅全てに、滞在して確認していた。


亀は慎重派なんだなあ・・

いつもは小さな水槽(いつものお部屋と呼んでいる)なので、
ひろいお風呂(大きなお部屋と呼んでいる)で思いっきり泳がせてやりたい。
でもそれにはまず、その場所に慣れさせないと駄目なんですな。

今日も天気がよくなかったので、日光浴ではなく、浴槽に入れた。
昨日より運動量が多くなった。
でもまだまだ慎重。

排水口は2箇所あるが、首を入れないように、石鹸箱の蓋とビニールテープ
厳重にふさいでおいた。


亀太郎のおかげで、ずいぶん救われていると思う。

亀太郎、いつもありがとうね。



タロくん外に出る [カメといつまでも]

カメは長生きなんだそうです。

P1000189.JPG


なので、小学生のときにかってもらったカメの甲羅を、日曜になるたびに洗ってやっている
四十代半ばのおじ様がいらしたりします。
亀太郎も、ぜひぜひ長生きしてほしいと日々願っています。

亀は音には敏感ではないですが、目はいいように思います。
どうやったら私を認識してくれるかなあ・・と考えた末、
水槽越しにkissしてやることにしました。水槽にブチュッじゃないですけどね^^

なんとなくわかってきてくれたようです。

夜寝るときは、枕元に水槽を持ってきて、まじまじと顔をみたり
kissしたり、見詰め合ったりしています。
うとうと・・として、ふっと目をあけると、亀太郎がじっとこちらをみていたりします。
ちょっと寝たふりをして、こっそり様子をみると、静かに目を閉じて寝ていたりもします。
そんな姿を見ているうちに安心して、私も眠りについていきます。

亀太郎がきてから、私はよく笑うようになりました。
夜、亀太郎とくっついて眠る前のひと時が、一日で一番好きな時間になりました。


昨日今日とお天気がいいので、亀太郎の水槽を初めて庭に出しました。

P1000188.JPG


最初はきょろきょろしていて、のんびり陽に当たったり、果敢に水槽の壁を
上りあがろうとしたりしています。(これを”ガメラ体操”と呼んでいます)

P1000187.JPG


P1000186.JPG


P1000185.JPG




たぶん弟は、一人で暮らしている私の精神状態を心配して
亀太郎を預けてくれたのだと思います。

亀太郎とともに、長生きして、女二人で歩いていこうと思っています^^





カメといつまでも ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。