So-net無料ブログ作成
検索選択

人生に勝敗など無い―今日のmsnのコラム [雑感]

今朝PCを立ち上げて、自動的に開いたmsnのコラムがあまりに腹立たしかったので書く。

ともに東大卒の男二人。
一人はキー局のテレビ局職員、もう一人は新聞社の社員。
二人して北関東の支社に在籍中、年齢は50代前半。
その二人を、後者の部下が見ていて思うところを述べた、という設定になっている。

まとめると、前者は敗者、後者は勝者として枝別れの人生を歩んでいくという話だ。

吉田典史という方が書いていた。

雇われ人として生きている間には、とてもとても家族には見せられない姿をさらさなければならない時があり、侮蔑にまみれ、失意のどん底に落ちる時もある。
そういう時には女性に話を聞いてもらうと良い。
しかし、ここに登場した前者はその女性に逃げ込み人生の敗者となり、後者はそうはならず本流に戻れた。
みたいなこと。

当初、まだ20代くらいの若い人が書いたコラムかと思った。
あまりにも薄く、傲慢さを感じたからだ。
どうもそうではないようである。

会社でみじめな姿をさらさなければならない? その通りだ。
それがどうした。

勤め人であろうが商売人であろうが、もしくは専業主婦であろうが、生きていれば誰だって、死ぬほど惨めな姿をさらさなければならないのだよ。
そういう屈辱や悲しみを抱えて生きていくのが人ではないのか。
子どもだって同じなのだ。

それをさも大事のように記すのはおかしい。

そして、自身のおかれた厳しい境遇から、ここでは「左遷」となっていたわけだが、
一人はスナックのママに溺れて坂を転がり落ち、他の一人は踏みとどまって本流に戻れたというとらえ方をしている。

そんなに人生単純では無かろうに・・

何がわかるのか。
一人の人間の抱えた悲しみや悔しさや、様々な問題を、他者がいったいどれほど推し量ることができるのか。
まして最初から慮る姿勢が無い者に、他者の心の中の苦しみなど分かろうはずがない。


人生に「勝ち」も「負け」も無いのだ。
否、ここでは人生ではなく仕事においての勝敗を述べているのだと言われるだろうか。
なら言おう。
仕事の勝敗というのは、今日の野球の試合のように、Aの勝ちBの負けとはならないのだ。

一日一日の点数では決まらない。
そして、売り上げや肩書と言った目に見えるもののみで勝敗がつくというものではないのだ。

きれいごとではない。

筆者が「敗者」と断じたような人が、実は多くのものを、後進に残している場合もあるのだ。
筆者が知らないだけで、立派な功績をあげたこともあったかもしれない。
そもそも、もしも何の功績も残してしなかったとしても、それを「敗者」と決めることなど他者には出来ない。


どうしても辛いことがあったら女性に話を聞いてもらえばいいとある。
甘えるな。
大人だったら一人で耐えろ。
苦しみと悲しみをじっと抱えているから、大人の男は色気があるのだ。

他者の人生を断じてはならない。
まして「勝ち負け」など、決めつけてはならない。

百歩譲って、もし人に「勝者」と「敗者」が存在するなら、自分以外の人間を簡単に「勝者だ敗者だ」と決めつけるような人間こそが、人生の敗者であると私は思う。




nice!(0)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 20

コメントの受付は締め切りました
お名前(必須)

不快なブログだな
消せや
by お名前(必須) (2015-09-16 18:32) 

ruby

ブログに対しては、「訪問しない自由」があります。

不快なのでしたら、数ある中からわざわざ訪れないほうが
精神衛生上もよろしいのではと思います。
by ruby (2015-09-23 11:23) 

Sho

to rubyさん

どうもありがとうございます。

by Sho (2015-09-23 15:19) 

お名前(必須)

あんたの願ったとおり、マタニティマークが自粛に向かってるよ。
ひがみっぽいあんたみたいな人のせいでますます日本は出生率が低くなるのかな?
あんたが淘汰されちまえ!
by お名前(必須) (2015-10-17 18:59) 

もずく

マタニティーマークが1人の声で自粛になるわけないでしょ。妊婦さんは大変なのは分かるけど世の中には立っていられないけど傍目には分からない人も沢山いて、それを妊婦で御座います。妊婦に席譲らないなんて優しくないとかさ権利を主張して席譲って貰ってどうすんのさ。妊婦来たやばいって目を伏せるようになって逆に思いやりもへったくれもなくなるよ。今がそうなってるって事でしょ。まあ専業主婦ではやっていけない世の中だから子供を産み辛い育て辛いのは分かるけど、妊婦だから労うのが当然ってなんか違うと思う人が少なからずいるからマタニティーマーク自粛に繋がったんじゃないの?理解出来ないならひがみってとっとけばいいんじゃないの?
by もずく (2016-01-01 06:52) 

もずく

何度もごめんね。お互い様って言葉も思いやりを持って貰えるって事も自分も周りの人を思いやれる人間であるからこそ受けられる事だと思う。妊婦だから当然って態度の人は妊婦じゃない時は具合悪そうな人に席譲ったり心配したりしてるの?
by もずく (2016-01-01 07:19) 

Sho

to もずくさん

どうもありがとうございます。

このマークに関しては、昨年、松本人志さんがおっしゃった
雰囲気が幸せそう、もっとシリアスな方がいいんじゃないか、
というのが、結構あたっているように思いました。

この件に関して、もう一切ブログで発言する気はなかったんですが・・

優先席に座ろうとする状況って、けがをしていたり、年を取って体がきかなくなってきたり、体調が悪かったりって、あまり喜ばしくない状況が多いと思うんですよね。
その中で妊娠っていうのが例外的なイメージがある気がしました。

もちろん妊娠中で体調が悪いとか、妊娠中で、より注意が必要というのは理解できるんですが。

あのマークも、たしかに記号のような、あまり情緒的じゃないものの方がよかったのかもしれませんね。今になって考えると。

あと、トラブルが起きやすい時って、平日のすいている時ではなくて、
毎日のラッシュアワーとかが多いと思うんですよね。
いろいろ体調が悪かったり、心配ごとを抱えていたりする中で、みんなギュウギュウ詰めの電車に乗っているわけで。
そういう、もうストレスがかなりかかった状況で、あのマークの絵柄、雰囲気は、確かに逆効果なのかな・・とも思いました。

もうこのマークに関しては、一切の言及はしないつもりですし、
したくないというのが正直な気持ちです。


by Sho (2016-01-02 10:10) 

ペガサス

最近ブログ更新されてませんが、なにかありました?心配でコメントさせていただきました。
by ペガサス (2016-01-07 00:06) 

Sho

to ペガサスさん

コメントを、ありがとうございます。

お陰様で、私はつつがなく暮らしています。

わりと前から、そろそろ終わりかなあ・・と思っていたのですが、
ブログに対して、情熱がなくなってきています。

このブログを書いていた期間は、自分にとってとても貴重な時間で、
さまざまな方とめぐりあえたことも、とてもありがたいことでしたが
「ブログの季節は終わりました」というような気持ちです。

クローズしようかな・・とも思いましたが、先のことはわからないので
いつかまた、ここに何かを書きたくなるかもしれないし・・と思い、残してあります。

ブログというのとは違う形で、書くということを考えていきたいと思っています。

ご心配をいただき、どうもありがとうございます。
by Sho (2016-01-09 20:00) 

もずく

気持ちは分かるよ。全く関係ないけど自分が櫻井よしこさんになれるかと言われたら自信ない。わかってくれる人さえいればいいよね。同年代だから気になっちゃたわ。
by もずく (2016-01-16 04:08) 

粉雪

はじめまして。立ち寄った者です。共感するところがたくさんありました。暫く更新されてないのが残念です。
by 粉雪 (2016-01-24 16:56) 

梅

自身の問題に気付いてない人が、薄いブログだと腹立たしさを書いて、自身を濃く見せるブログ・・・
いつもそんなだったなと思います。
その他題材でも、正当化で着飾るたびに、問題の自身とかけ離れて行き・・・
一部外野もそれを助長していたんだろうなと思います。
虚しさを覚えるのにちょっと時間がかかったかなと。
努力する対象や方向を転換するのは大事だと思います。
そこがやっと、物を語れる「始まり」になるかと。
by 梅 (2016-01-26 17:07) 

Sho

to もずくさん

どうもありがとうございます。
同年代でしたか。
急に寒くなりましたね。ご自愛ください。
by Sho (2016-01-26 22:36) 

Sho

to 粉雪さん

どうもありがとうございます。
たぶん、もう更新しないんじゃないかな・・と思います。
先のことは何もわかりませんが。
目にとめていただき、ありがたかったです。
by Sho (2016-01-26 22:39) 

Sho

to 梅さん

何を偉そうに言っているのですか?
by Sho (2016-01-26 22:40) 

紅月

はじめまして。
昨年秋から少しずつ遡って拝見させていただいておりました。
ご無事でお過ごしということで何よりです。

Shoさんがこちらに綴られた数々のお言葉に救われました。
ありがとうございます。
甚だ勝手なお願いですが、どうか此方のサイトはこのまま残して頂けたら嬉しいです。

いつか違う形で、どこかでまたShoさんのお言葉に出会い
ステキな文章だなぁ、どんな方が書いていらっしゃるのかしら?
と思う日が来るのではないかと思います。

何卒ご自愛くださいませ。
そしてまた新しい季節を迎えられますようお祈りいたします。
by 紅月 (2016-01-27 00:03) 

梅

敵はご自分の中に居ますよ。その自分と闘いましょう。
それをさておいて他人の薄さや至らなさを指摘したりすることが傍から見てどんなに滑稽なことか。
批判することで闘うべき敵を遠ざけ、見失っているのではないですか?
もしくは遠ざけるため見失うために、敵を探したり、自分にとってイエスマン以外を敵としたり。

仕事仲間でも遊び仲間でも話仲間でも、語り合える仲間を作ること(作るには?)、人に信頼されること(されるには?)、謙虚に学ぶこと(これが一番の難関かと)、少なくとも人に怒鳴られないこと(怒鳴られないためには?)
以上、「実社会において」です。
ネット社会でそれが出来ているのなら実生活に活かしましょう。
言葉で着飾ること、感動させることはいくらでもできます。
うれしい返事が来た時の幸福感自体が人生の目的になっては、いづれ虚しくなり、情熱も冷めて当然でしょう。
何事も、実世界に活かされなければ。
ネットは閉じられるけど人生はなかなか閉じられません。
実生活は、ネット社会や言葉社会に勝るんですよ。
実社会、人生に活かされてこその、ネット、言葉世界ということです。
by 梅 (2016-01-29 00:48) 

色々な人がいますよ

初めまして
もう終わられるということで凸られてますな

自分を可哀想がっているだけのブログや人の悪口だけのブログは他にもあるけど
自分を可哀想がりながら手あたり次第人の悪口を言っているブログはここくらいのものじゃないすかね?
炎上しそうなブログだなと思って以来ずっとROM専でいましたが
何度か凸られてましたよね
期待通りでした

でもまだまだブログ主さんは自分を棚に上げながら人の悪口を言いたい人だと思いますよ
続けられてはいかがですかね
もちろんコメ欄閉じずに
by 色々な人がいますよ (2016-01-29 15:41) 

応援から不信感に変わったくちです

勘違い、大間違いのまま終わるの?おいおいちょっと待った!というような心境の方、やはりいらっしゃる。炎上ならぬ不燃?

情熱?を満タンに取り戻され躍起になって自身の人生の嘆き怒りと共に、懲りず言葉にぶつけておられる様子が目に浮かびます。
そういう気力が失せ、生活にこの分の活力が行くと、ブログ主さんにとって一番良い事なのかも知れませんね。

「負けとされても多くを学んで、人生の先で使える武器を手に入れたろう。書かれた方も勝ち負けではない深い人生の意味をどこかで知るだろう」
腹で思って、後は神様にお任せがよろしいかと。
もう1歩先の想像力や、人を見守ることも、こちらのブログ主さんは不得手らしい。
上司に怒鳴られても唇噛んで耐え、謙虚に自分の中に落とし込み、いつか自分に打ち勝って原動力に代えるならまだしもね。
どこの職場でも、人間関係でも、謙虚さのない人は成長ゼロ。居場所もなくなりますよ。口ごたえだけは・・・、の大人子供は。
謙虚さと努力で人生は開かれるのに。
耐えるだけ、仕事こなした(つもり)だけ。これ、努力と呼びません。そこに批判まで加わっては。
キレイな言葉を揚げても、その糸を引いている者がこうあっては・・・
by 応援から不信感に変わったくちです (2016-01-30 03:15) 

Sho

to 紅月さん

暖かいコメントを、どうもありがとうございます。
私もまた、ここに寄せていただいた様々な方のお言葉に
何度も励まされ、助けられてきたのだと思います。

「紅月」というのは素敵なお名前ですね。
どうぞご自愛ください。
by Sho (2016-01-30 06:12) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。