So-net無料ブログ作成

その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな [与謝野晶子「みだれ髪」]

その子二十 櫛にながるる黒髪の
 おごりの春の うつくしきかな
          与謝野晶子


春の陽射しの中、目の前の娘は二十歳になるという。
その黒髪は命の勢いを表すように、櫛で梳く度、まるで滝の流れのように、日の光がその上を走っていく。

あら。
この娘は、二十歳の時の私かもしれない。
若いことは時に疎ましく、未熟さを指摘されれば悔しかったけれど、でも私は、私の未熟さを咎める大人たちが、私をうらやんでいることにちゃんと気づいていた。

あの人たちがとうに無くした若い時、
その直中に今生きているのだと、
私は勝ち誇った気持ちになっていた。

若さとは、傲慢で、だけれども美しい、光溢れる春である。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。