So-net無料ブログ作成
検索選択

その場所へゆく道 [雑感]

私がしている職種で、時々求人を出している。
今まで何人もの派遣スタッフ、アルバイトの方々に来ていただいた。
そしてみんな、しばらくしてやめた。
まとまった結果を出せた人は、一人もいない。
働き始めてしばらくすると、ほとんどの人が
「Shoさん、これは酷すぎますよ! !」と憤った。
職場環境の悪さにであり、会社の私に対する対応処遇の悪さにである。

又その話かとお思いの向きもあるかと拝察するが、まあ、この話だ。

十年一日のごとく同じ繰言を- と、思われるかもしれないが、
それなりに私も心持を工夫したり、物の見方を変えてみたり、
そんなささやかな努力をしている。

まあ、いつもの愚痴と思し召せ。

先日youtubeで、女優の杏さんと作家の和竜さんの対談を見た。
和田竜さんの話でとても面白かったものがある。

業界紙の記者をしていたとき、いろいろな会社に出向きインタビューをした。
ものすごく業績が伸びた会社には共通点があった。
一人、狂ったかのごとく仕事をする人がいて、周りの人間がその人の勢いに巻き込まれてゆく。そして結果、非常に業績が伸びた。
そういう人が、いるのだそうである。

多分私は、その「狂ったように仕事をした人」だったのだ。

損得勘定は一切しなかったし、開腹手術の2日後から仕事のメールに返事を出していたのは狂っていたのである。

そしてそのことは別に評価もされなかった。
アルバイトにされてボーナスを取り上げられていた4年間、受注件数は倍くらいになったし、私の仕事内容もどんどん増えていったけれど、何度訴えても正社員には戻してもらえなかった。

なのであの時に辞めておくべきだったと、思う。

「何でそんな状況なのに辞めなかったんですか?」と聞かれれば、
この仕事が好きで堪らなかったからとしか言い様がない。

今でもそうだ。
情報をキャッチするや否やリサーチに入る。
いくつものサイトを開き、欲しい情報を探し入手し組み立てる。
はあ、この人は○○なのね・・
へえ、なるほどね、△△だったんだ・・
ディスプレイに現れる文字に私は興奮する。
アドレナリンが、ばんばん放出されているのがわかる。
ああ・・私はこの仕事が好きでたまんないんだ・・


嫌いな仕事、何の興味も関心も持てない仕事を続けていたわけではなかった。
それが良かったといえば良かった点だし、私の決心を鈍らせた最大の原因でもあった。


求人サイトなどでよく、「自分に合った仕事」だの「好きが活かせる仕事」だの書いてあるが、「自分に合った仕事や会社」なんて存在するんだろうか?
そもそも「自分に合った」って何だ?
自分の興味関心と業務内容が一致するということか?
でも同じ組織の中だって、部署によってしていることは全く違うだろう。
そして例えば販売職や営業職で、「人と話すのが好きな人」を募集したりしているが、
果たしてそれは正しいのだろうか?

販売職や営業職に求められるのは、「明るい性格」でも「人見知りしない」ことでも
「積極性」でもなく、相手が今何を求めているのかを敏感に察知する感受性と誠実さであると私は思う。
やたら元気でそばによって大きな声で話しかけてくる店員は、私にとっては迷惑だ。
馴れ馴れしく押しが強い営業なんて、人から信用されない。


先のことは何一つわからないが、私もあと五十年も六十年も元気でびんびんして
生きているわけではないだろう。
どうしてもしておきたいことがあった。
なのでそれに取り掛かったのが去年だ。
それは想像していたよりも遥かに困難で、何度か投げ出しそうになった。
どうも自分は自己を過大評価していたらしいとわかった。
その長く辛い作業が終わったら、「もうあの一回でいいや」という気になった。


当初、二足のわらじを履くつもりでいたのだが、わらじを履くにも居たっておらず、
玄関のたたきに片足を下ろしたくらいの地点にいる。

けれど到達地点さえ見失わなければ、どんなにゆっくりでも休み休みでも、
そちらの方角に向けて歩いていけば、少しでも「其処」に近づけるはずだ。


心の中に、「其処」を考える場所を作った。

割り切れ。
さんざん恩着せがましいことを言われて正社員に戻ったところで、
「初任給ですか?」という給料の額は変わらない。
ただ。あまりひどい態度をとられると、「やはり辞めます」と告げることによって
上司の態度が変わるようになった。
立場は逆転したのだ。
私はもう、明日辞めてもいい。
やっと、そう思えるようになった。

ああ、もういいじゃないか。
どうしても嫌になったらもう辞めればいい。
「退職願」を内容証明で郵送し、二週間経ったら有効だからもうそのまま出社しない。
なんなら診断書も出そう。
みんなどんどん辞めているではないか、
何が「あなたに今やめられたら会社も困る」だ、
だったら常日頃からもっと大事に扱えバカ野郎。

もう何だっていいんだ、バカはバカ、バカは死んでもバカのままなのだ。
バカと神経の太さは一生変わらないんだ。
入ったばかりのガサツな女が私に嫌がらせをして、他の女性社員となかよくしても
もう何だっていいじゃないか、どうせバカでゴリラみたいな女なんだ、
他に楽しいこともないんだろうから、好きにさせてやればいいじゃないか。
私が使っていた机の上の空いたスペースにどんどんそいつの物を乗せても
我慢していればいいんだ。
我慢できなくなって声をかけたら逆恨みして私に意地悪しても、
あーもうめんどくさい、何だっていいじゃないか。


私の中では、既に変化が生じ始めた。

「その場所」を、見つめるようになった。
「その場所」のことを、考えるようになった。

もう、今の仕事のことだけではないのだ。

「その場所」へ行く道だけ間違えなければよい。
私の体は、もう、その方向に向いている。



nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
桜

Shoさん こんばんわ。またお邪魔させていただきますo(^-^)o
今回のblogを拝見して自身鑑みてみました。私は仕事に追い捲られるのが好きな性分らしく、業務スケジュールでびっちりの手帳を見てモチベが上がる!所謂ワーカーホリック気味を自他共に認めていたりします。体調が悪かったり忙しい程無理したり…でも好きだから苦じゃないんです。
求人云々のくだり、本当におっしゃる通りですよね。自分に合った仕事をする…与えられた仕事に合わせる自分。どちらも社会人として存在する姿だと思います。何の為に頑張るのか?それが一番重要なのは云わずもがな、そういうものですよね。
Shoさんのご苦労や境地には程遠いですが、私も目指す場所(拠り所)を支えに日々大切に送りたいと改めて思いました。
今日、地元では桜の開花宣言がでました。花冷えという言葉がありますので、どうかご自愛くださいね。長文駄文失礼いたしました。

余談ですが…私は中島みゆきさん大好きで先日聴いてふと思ったんです。私って…微妙なバランスで鼻音がかったキレイに裏返る歌声がツボみたいです。みゆきさんと池田聡さん…意外な共通点かも。なんて(^_^;)
by 桜 (2015-03-27 22:45) 

Sho

to 桜さん

こんばんは。
桜さんのお名前と同じお花が、今年も咲き始めましたね。
私の周りではまだ一分咲き位ですが、その頃の咲き具合も、私はとても好きです。

今年のお正月に、NHKで゛「ブラタモリ」の再放送をまとめてしていて、それを見ていました。
その中でタモさんが、何の話の流れだったか「人間にとって自分と向き合うことが、一番辛いことですからね」とおっしゃったのです。
うん、そうとおりだよね、と思いつつ、「仕事」というのは、自分が自分とじっくり向き合うことを避けるためには、実にちょうどいいものだよな・・と感じた次第です。
あ、私の場合は、ということですが。

私も「前門の虎、後門の狼」みたいな状況が、実は好きです。
でもそれはあんまり、健康的じゃないようなあ・・と思います。
これも、私の場合はですが。

桜さんも、どうぞ、何よりも何よりも、ご自身を大事になさいますように。

声に関してですが、私は「声」を聴いただけで涙が出てきた歌手が二人立て居て、一人は中島みゆき。そしてもう一人がビョークです。

by Sho (2015-03-28 19:55) 

桜

Shoさん こんにちわ 今日は早朝から雨になりました。でも薄日が差してたり…狐の嫁入りかなぁ~。
コメントありがとうございます。私の拙い上に幼い言葉に対し、本当に嬉しいです。
昨年末以来、自身の健康に真剣に向き合うようになり、shoさんがおっしゃるように努めています。以前、通常発症しないらしい掌に蕁麻疹が出るまで無理したり…もありました。組織にとって『○○にしか出来ない』事ってひとつも無いんだと、信頼する先輩から言われた事があります。だから自分を大事にしなさいって。何でも完璧さを求めて、或意味S体質なのを見抜かれてたのかな。
歌声…ビョークさんはお名前しか存じ上げなくて、今度聴いてみます。みゆきさんは所謂ファン層からかなりずれている私。夜会に行った時に同世代が見当たらず、若者気分を味わいました(笑)
無条件に涙腺くるのは私もみゆきさん。芯の部分に響きます。あとは曲限定、このシンガーのこの曲で…かな。ひと聴き惚れしたのは池田聡さんですが、中島みゆきさんは私にとって格別な立ち位置の方です。
桜の蕾が綻び始め、樹全体が薄桃色になってきました。満開になる前のこの感じ、好きです。shoさんも、くれぐれもご自分第一に大事になさってくださいね。またお邪魔させてくださいませ(^^)
by 桜 (2015-03-29 16:12) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。