So-net無料ブログ作成

ひとりごと20150207 [雑感]


努力では、どうしようもないことがある。
懸命に生きていながら、蔑まれる人がいる。
力を振り絞り生きているのに嗤われることは辛いが、
愛する人が嗤われることはなお辛い。

私の命と同じほどに大切な人を、
いたぶり続けたあいつらは、
その後幸せだったのだろうか。
伝え聞く限り大きな不幸にも見舞われず
それなりに穏やかな老後を過ごしてきたらしいあいつらに
私は何の復讐もできなかったんだろうか。
そのことを、私の大切な人たちは、
悲しんでいるだろうか。
それとも安堵しているだろうか。

この小心者の私でさえ、
幾つかの汚いことをし、何人かの人を貶め、
気に食わない人の芽を摘んだ。
「自分は大人になってから嘘をついたことなど無い」などと
言い切れる人の人生は、どれだけ楽だろう。

昔昔あの日あの時、
一瞬でその場に戻る体験を、「PTSD」と言うらしい。
PTSD、
発狂の一歩手前。
もんどりうって苦しんでいるのは、
私ではなくかけがえの無い人
早く! !、 早く! ! !、早く! ! ! !
助けられなかった私。
狂えたら楽だったろう。
狂うことはできなかった。



言葉と事象の間に齟齬はあるか。
言葉と真実の間ではどうか。
私の言葉は何を伝えたのか。



神様も仏様も、私はいないような気がします。
希望が無いということではありません。
人間は自分勝手に祈ります。
家内安全、受験、就職、恋愛成就。
誰かの願いが叶えば他の誰かの願いが叶わぬような
椅子取りゲームみたいな自分勝手な願いを、
神様や仏様は聞き届けてくださるんでしょうか。

「あそこの神様にお参りして末期の病が治った」と言われる神様は、
どうしてお参りにきたすべての人や親族の病を、
治してはくださらなかったんでしょうか。


もう、坑うつ剤は要りません。
私はきちんと悲しんで、
きちんと自分を責めたいのです。
そして、生きていきたいのです。




nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

nice!の受付は締め切りました

コメント 1

コメントの受付は締め切りました
Sho

to スーさん

どうもありがとうございます。
by Sho (2015-02-22 16:29) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。