So-net無料ブログ作成
検索選択

「Woman ~W の悲劇より~」薬師丸ひろ子 [音楽]

恋人たちの別れの情景である。

彼女は、まだ彼のことが好きだ。

でも彼の気持ちは変わってしまった。


     もう愛せないと言うのなら
     友だちでもかまわないわ

そう彼女は言いながら、その声は震えている。


     ああ時の河を渡る船に
     オールは無い 流されてく
     横たわった髪に胸に降りつもるわ 星の破片(かけら)


この世を生きていくときに、望む方向に進むのは難しい
この世を生きていくことは、オールの無い船に乗り込むことと同じだ。


次の二行。
ミレイのオフィーリアの絵が浮かぶ

まだあどけない顔をした女が、仰向けに水に浮いている絵

決して派手さの無いその顔は、目も鼻も口もこじんまりと整って
娘の清楚さと、少しの固さが表れている

手元に浮かぶ素朴な花たちが、彼女の幼さや素直さを一層際立たせているようで悲しい

既に息絶えてしまったか、最期を迎えようとしているのか
この絵のオフィーリアは、何を思っているのだろうか



この歌は別れの情景である。

彼女は言う。

     行かないで。そばにいて。
     愛せないと言うのなら、友だちでもかまわないわ。
     一瞬で燃え尽きて灰になってもいい。

一縷の望みにすがっているように見えるが
彼女はもう、彼の心が変わっていると知っている。

なので、最後はもう何も言わない。


    せめて朝の陽が射すまで
    眠り顔を見ていたいの

朝の陽が射したら、彼が目覚める前にここを去らなければならない。



彼女たちはどのくらいの期間、愛し合っていたのだろうか。
自分たちの未来を、どんな風に思い描いていたのだろうか。


想いを断ち切れないように、震える声で語る彼女は
それでもちゃんと、自分の恋を終りにする。


この世には、どんなに望んでも叶わぬものがあるのだ。
血を吐くほどに叫んでも、去ってゆく大きな背中
見送らなければならない時もある。


愛おしい彼の眠り顔を見ながら、
彼女は少し大人になっただろう。



オールの無い船に乗って、
彼女はこの先どこに向かうのだろう。

時の旅の中で、いつか彼女と彼が
何かを隔ててすれ違うこともあるかもしれない。

そのときに彼女の心が穏やかであってほしいと
私は思っている。




nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

nice!の受付は締め切りました

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
hil

オフィーリアか。なるほど。

摩周湖だったか阿寒湖だったか覚えてないけど、
湖に星が映るのを見たことがあるんだ。
北海道に居た頃。
僕はそういう幻想的あるいはこの世ならぬようなところを、
漂ってゆくようなイメージがある。この歌。

実は僕はユーミンには批判的なんだけど、
薬師丸ひろ子が歌うと、許せちゃう。
薬師丸ひろ子>>>>>ユーミン、だからかな(笑)。

by hil (2010-04-08 06:12) 

Sho

(^-^)hilさん
どうもありがとう。
私は「星が溢れるほど」は、みたことがあります。
星が降る情景はきれいだろうなあ・・・

この曲は薬師丸ひろ子が歌ったからよかったんでしょうね。
勝手な思い入れだけど、この曲はユーミンにはセルフかパーして欲しくないなあ。
by Sho (2010-04-09 07:53) 

もずく

今日、久々にyoutubeでsingsingsing宮本毅久が歌うwの悲劇をきいて何処かに私と同じように舟に横たわるシーンでミレイのオフィーリアが思い浮かぶ人がいるはずと思いWの悲劇 オフィーリアで検索したらこのブログを発見しました。違う記事ですがtattooの明菜ちゃんのお顔の印象も全く同意でびっくり。私も最近youtubeで見てそう思っていました。

by もずく (2015-12-31 11:43) 

Sho

to もずくさん

コメントをいただき、ありがとうございます。

やはりこの曲、あの絵が思い浮かびますよね。

youtubeで、この曲を聴きなおしました。
「星紀行」のライブのものがすごく良かったです。

TATTOの時の中森明菜も、この曲の時の薬師丸ひろ子も、それぞれ一番綺麗な時だったんだなあ・・と思います。
ちょうど年が変わっていく時期に見ると、また感慨がありました。
by Sho (2016-01-01 00:04) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。